ブログ パン屋歳時記 〜2018年

2018年

11月

07日

パンフェスご来店ありがとうございます

10月31日〜11月6日の7日間、3度目のパンフェス(ラボンダンスにとっては)が開催されました。そしてラボンダンスのシェフやスタッフにとって怒涛の日々が始まりました。


シェフは毎朝2時にはスタンバイし、スタッフは6時頃には店内に集合、搬入、店内への積み込み、商品の陳列、補充。全部スタッフがこなします。そして晩の8時終了(最終日は5時)までずっと立ち詰め。もちろん、交代・休憩など挟みますが、それでもハードスケジュール。それでも笑顔を絶えさず、いかがですか〜ご試食なさいませんか〜と販売の間を縫って店頭や通り道に立ち、スタッフ3人で一週間乗り切ったのでした。疲れてるだろうなぁ。でもいつ行っても笑顔。プロだなぁ。そんなプロが会場中居るのでした。すごいなぁパンフェス!


でもなんと言っても励まされるのは常連さんや初めて来られるお客様の喜ぶ顔です。毎日のようにご来店くださって励ましてくださるお客様。これ美味しいのよぉ〜!食べなきゃ損よぉ〜!と、もはやサクラ状態のお客様。お店にもよく来られるのですが、パンフェスにも来られてウルトラ大人買いをしてくださるお客様。お目当てのパンをそっと一つ買って嬉しそうに帰られるお客様。本当にありがとうございました。


その日の仕事が終われば、使い終わったパンを運ぶ箱を店に戻し、一日の売り上げをまとめ、それから家族の待つ家へ。時間はいつの間にか夜の10時・・・。

 

今日は休業日。つかの間のお休みです。そしてまた明日からは一週間以上お待たせしてしまったお店においでくださる近隣の方々にまた喜んでいただけるよう、頑張らせていただきます。

どうぞ明日からもよろしくお願い申し上げます。

 

 

2018年

7月

07日

お詫びと感謝

この週後半の凄まじい雨・雨・雨。本当に今まで経験したことのない大雨でした。この雨の中、お店ではこの週末をどうしたものかとスタッフとシェフの間で相談していたのでした。

 

水曜日から降り出した雨はざんざ降りの連続。金曜日はこれまでにもまして凄まじい雨が降るだろう。そんな中、お店を開けてもずぶ濡れでお店にやってこなくてはならず、きっとお客様は敬遠なさるだろう。これまでも台風の時はお客様とスタッフの安全を考えて、お休みを頂いたこともありました。でも、土曜日はシェフののっぴきならぬ事情でお店はやむなく休まなければならない、続けて休むのはいくらなんでも申し訳無さすぎる・・・考えた末、やはり土曜日を休むのなら当然お客様のことを考えてお店は開けるべきだろう、という結論になり、金曜日はお店を平常通り開けることとなりました。

 

金曜日は予想通り凄まじい雨で吹き降りで、TVでも不要の外出は避けよと言っている・・・今日はどうしたものだろうなぁと不安いっぱいながらお店で用意してお客さまをお待ちいたしました。

 

カラン、とドアが開いて、びしょ濡れになったお客様が来られました。いつもおいでくださるお客様です。傘を差して一生懸命守っても足元はずくずくになってしまいます。そんな中なのに、来てくださったのです。

『土曜日お休みでしょう、そうしたら今日は開いてると思って』

そう仰っていつものパンを買って行かれました。

 

そして金曜日はそう云うお客様がたくさん来られたのです。

 

ほんとうに有難く思いました。

ああ、開けてよかった!

閉めなくてよかった!

 

来てくださったお客様にいつもお声がけする『ありがとうございました!』が心なしか、少し声が大きかったかもしれません。

 

お店を開けさせていただいてよかった!雨の激しく降り続いたその日は流石に少し早くはお店を閉めたのですが、それでも一日、お客様がおいで頂いて本当に感謝だったのでした。

 

 

土曜日、ご迷惑をおかけいたしましたが、日曜日から、また元気よく揃ってお店を開けさせていだきます。どうぞまた、今週も、ブランジュリー ラボンダンスのパンをよろしくお願いいたします。

 

 

 

2018年

6月

07日

お小遣いを握りしめて 中学生編

   イラストをクリックすると以前の記事に移動します
   イラストをクリックすると以前の記事に移動します

ずいぶん前のブログの記事に「お小遣いを握りしめて」というものがありました。パン屋の理想は子どもたちがお小遣いを握りしめて買いに来てくれるお店になりたい・・・そういうことなのですが実際には親御さんに連れられて、楽しそうに、これほしい!って買われていくことがほとんどです。でも、中学生となると違います。やっぱり仲間と連れ立って買いに来てくださることがあります。

 

その日の昼下がり、5人の男の子たちがお店に来られました。中学生ぐらいの私服の元気な子どもたちです。彼らはめいめいに二個ずつ好きなパンを買い、表のベンチに腰掛け、ぱくぱく食べていました。この年頃の男の子ってなんて食べっぷりがいいんでしょう。ぺろりと食べてしまうと、二、三人が代わる代わるお店にまた入ってきて、「パン、うまいっす!」とスタッフを喜ばせてくれるばかりか、お代わり(もちろんタダではない)クロワッサンを、また外でぱくぱく。

 

ところが彼らが買った後にクロワッサンの焼き立てが出てきてしまった・・・スタッフとしてはちょっと今出すのはついぞさっき買ってくれた彼らになんとも申し訳ない気がして、・・・いいや、すぐ食べちゃって出掛けちゃうだろうなぁと思ってたら、思いの外彼らはゆっくりしているようで、仕方なくしばらくしてから新しいのを出しました。すると、それをまた皆で5つ買ってくれて皆でぱくぱく。なんと気持ちのいい食べっぷり!・・・でも資本大丈夫なのかなぁ。クロワッサンだけでみんなで10個は食べてるよ〜。大丈夫?「美味しいからいいっす!」ってホント嬉しい事言ってくれるんだけど・・・なんかいいことあったのかなぁ・・・でも皆楽しそうにゆっくりワイワイ、気持ちのいい学生さんたちでした!

 

この年頃の子供達って大人のような変な忖度しないから、ここがどこかですっごく評価されたかとか、これこれの雑誌に載ってたからとかで、盲目的に美味しいなんて言わない。だからそれがとても怖いです。だから、こうやって来てくれて美味しい!って言ってくれることがお店の勲章なのですね。そしてお小遣いで買って食べてくれることが何より嬉しいです。色んな人に愛され、親しまれるパン屋さんになりたい、それがこの小さなお店の願いです。

 

今日買ってくださったパンは美味しかったですか。喜んでいただけましたか?
皆さんに喜んで召し上がって頂けることがシェフとスタッフ全員の喜びです。

 

 

 

 

 

2018年

5月

13日

ネコまっしぐら(笑)

仕事の帰りがけによくブランジュリー ラボンダンスの食パンをお求めになるお客さまと、スタッフはお話しさせていただくことがあります。
その方はパンが大好きで食パンをあちこちで買ったけれど、ココのパンが一番なのよ、と仰ってくださいます。パンフェアで皆さんに沢山お店をお休みにして不義理をして申し訳なく思っていますと申し上げますと、「そんなこと心配しないで!皆ココが大好きだから大丈夫よ!」と、ありがたいお言葉をかけて下さいます。「自信持って!ココのお店、絶対美味しいんだから!」
・・・有難くて涙が出ます。

 

本当は催事でお休みを頂いて出店するよりもこのお店で営業するほうが、スタッフにとっては一番ラクなのですが、そうは言ってもいろんな方に、このお店を知って頂きたいので、色んな所からお声をかけていただければ、そちらもやはり有り難いこと。喜んで催事に出させて頂くのですが・・・。

 

閑話休題。手前味噌になってしまいますが、ラボンダンスにもコア( 「熱心な・徹底した」の)なファンが少なからず居られます。宝塚、豊中、そして京都からも、ここのお店のこのパンが大好きで・・・と、お客さんが来てくださいます。例えば、お子さんがラボンダンスの食パンしか食べないのよ、と仰るお母様、とか、うちのお母さんはここの角食しか食べないの・・・と仰る奥さま、本当にうれしいです。でもこの間お越しになったお客さまのお話にはスタッフも驚いてしまいました。

お店の終わりがけにクロワッサンとアンチョビクロワッサンをお求めになったお客さまが、レジでお会計をされる時に、「このクロワッサン、うちの猫も食べるのよ」と仰るのです。(食パンを食べるネコを管理人は知っておりますが、クロワッサンは初めて聞きました。)「うちのコはほかのお店のクロワッサンも食べるのだけど、『ふーん、くれるの?それじゃもらってあげてもいいわ』という雰囲気なのに、ここのクロワッサンは、見るなり駆け寄って来て『早く分けて〜!ねぇねぇっ』とねだるのだそうです。まさにネコまっしぐら(笑)

シェフにこの話をすると、「動物と子どもはお世辞つかないからねぇ。ハードル高いよ。彼らに認められるなんて嬉しいことだねぇ」


ネコにも認められたクロワッサン!😅

 

ううむ・・・多分すごく喜んでいいんだろうなぁ・・・と、管理人は少し悩んでおりますが、かけがえがないと思って下さるお気持ちには心から嬉しいと思ってしまうのです。ここのパンが一番、そう思ってくださるお客さまに、今日も同じように思って頂けるように、喜んで頂けるようにと、ブランジュリー ラボンダンスのスタッフ一同、今日も頑張らせていただきたいと願っております。

 

 

 

 

 

2018年

4月

28日

川西阪急パンフェス'18・その後

お客さまへ
催事の期間中、本当にご無沙汰していて申し訳ありませんでした。川西阪急のパンフェス、無事に終了させて頂き、ありがとうございます。期間中たくさんの応援を戴き、懐かしいお客さまのお顔に励まされました。でも、ここ日生中央のお店に戻ってきて、やっと平常心に戻った感じです。
お店が開くのを待っていたのよ!と、ありがたくも申し訳ない言葉をかけて頂き、本当にスタッフ一同お客さまに頭の下がる思いです。
前にもまして、川西阪急でお店のことを知って頂いたお客様が沢山ご来店下さいました。朝11時に焼きあがる角型食パンは店頭に出た途端早々と売り切れてしまい、ほかのパンたちも入れ代わり立ち代わり消えていきます。この二、三日、お店は連日完売に近い状態が続き、シェフもスタッフも嬉しい驚きです。

 

これまでにもまして、シェフは一つ一つ心を込めて捏ね、手間ひまをかけて少しでも美味しいパンを召し上がって頂けるように、スタッフも気持ちよくお買い物がして頂けるように一層励みたいと願っています。これからも、更に、みなさまに愛されるお店を目指して頑張らせていただきます。


なお、GWの期間中は前半と後半の間の5月1日(火)と2日(水)にお休みをいただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

2018年

4月

25日

パンフェスご来場ありがとうございました

4/18〜24まで開催されたパンフェス、沢山のお客さまに恵まれ、好天に恵まれ(最終日は残念ながら雨だったけれど小雨(^O^))、好評のうちに終わることが出来、本当にお客さまや沢山の応援して下さるみなさまに感謝申し上げます。


毎日のように来てくださった方々、チラシを見て初めてお出でくださった方々、スタッフの友人知人の方々、阪急のスタッフの方々、懐かしい常連さん等々、沢山の方々にご来場頂いただけでなく、色々励まされたり、お声かけていただいたりして、本当にお客さまに支えられているのだなぁと実感いたしました。本当にみなさまありがとうございました。

 

準備など分かっていたことですが、その日その日のパンを焼くためにはシェフは早朝1時半には厨房についていなければならず、その他のスタッフも6時前後にはスタンバイしなければなりません。パンを沢山の紙ケースやぱんじゅうに詰める作業もあります。8時過ぎには百貨店催事会場に搬入しなければならず(自社のものは自分で対処・・・アタリマエかもしれませんが・・・(汗))、多くの搬入車(貨物車多し)に混じって苦労しながらパンを搬入。パンフェスの業者はみんなそうして商品を朝から搬入しているのですね。更に焼いたパンを運ぶ追加便も昼前には到着させます。

 

搬入したらスタッフ3人はブースに立って阪急の営業時間の間、朝10時から夜8時まで、声をからして試食&接客そして販売。


終われば終ったで持ち込んだ紙ケースやプラスチックケースをお店に戻し、その日その日の集計を終わらせてやっとやっと終了。・・・毎度ながらスタッフさんの熱意はラボンダンス愛(笑)に満ちています。
仕事、ではありますが、スタッフさんは主婦でもあり、みんな家では家族が待っています。日々の暮らしの家事もあります。そしてご家族の協力とご理解がなければこなしていけないところもあり、本当にスタッフの皆さんお疲れ様でした、と門外漢の管理人は思ってしまうのでした。

 

そうして疾風怒涛のように過ぎた1週間、今日は久しぶりのお休みです・・・が、パンフェアが終わった途端に電気系統がヤバいという事態発生。すぐ治る故障ですが、業者が来るので厨房担当者は今日も出勤です。朝1時起きでないだけマシ、というところでしょうか。パンフェア中でなくて本当に良かったのでした。シェフ、お疲れ様です。

 

 

最後に、本当に期間中、ご近所から遠方に至るまで色々なところからお越しいただいたお客さまに心より感謝申し上げます。
また皆様に喜んで頂けるよう一層精一杯美味しいパンを提供できますよう励みますので、どうぞこれからも、この小さなパン屋、ブランジュリー ラボンダンスをよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

2018年

4月

01日

二律背反

ラボンダンスの最大のウリのひとつはどのパンも一つ一つ手間ひまをかけて丁寧に作る、というところなのですが、それはひとえにひとりシェフの手に委ねられています。
逆に言うと、それだけ作る量が限られれてしまうということなのですね。

 

沢山のパンを作るためにはそのために元になるものをストックしておかなくてはならない。一旦発酵させ焼く準備を始めると当たり前ですが準備している数が減ります。普段の営業なら何の支障もないものが、いざ催しで大量に必要!となると、もうお店を閉めて中で必死で準備しなくてはならないのです。


なんだかこの頃ラボンダンスおやすみ多いなぁ〜
(`ε´)サボってんじゃないの〜?とお願いだから思わないで下さい(¯―¯٥)

厨房の中ではシェフやスタッフが普段よりシャカリキで作業しているのです。特にシェフはこの間のごこちマルシェの折には朝2時ぐらいには厨房に立っていました。それでもお店はお休みにしなければならなかったのです。1日の量を全部使い切ってお店で昼にお出しするものが何もなくなるからです。

 

それじゃパン制作スタッフを増やせばいいでしょう?

はいその通りですが、今のクォリティを落とさず出来るかというとなかなかどうして・・・どこのお店でもそうですが、マスターシェフとその他の方の作ったものってビミョーに味とか雰囲気変わっていくのですね。それでも近似値なら良いのですが、そこまでになっていただくのに若干時間がかかる・・・。

 

今は過渡期できっとこれから変わっていくのかもしれません。けれど、今はそういう、開店してたくさん来て頂きたいが、たくさん作れないので品薄になる、品薄を避けるために準備するのでやむを得ずお店を閉める、という悩ましい二律背反(AもBも正反対でしかも理由の在る場合、そのどちらにも引っ張られて辛くなるさま)が続いています。

 

ほんとうにお店に来られるお客さまにはご不便をおかけいたして申し訳ございません。どうかご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

以上、臨時休業が多いことへの管理人の私的な言い訳でございます。

 

 

2018年

3月

23日

さくらはらはら

そろそろ冬を脱して、桜前線などという声を聞くとにわかに不安になるのが桜がこの猪名川町でいつ開花するかということですねー。

 

ラボンダンスの在る猪名川町の春の一大イベント『いながわ桜まつり』が4月の7日土曜日に開催されるのですが、いつもヤキモキするのが開花時期。花がまだ咲かなかったり、または散っちゃったり、どストライクで花が満開というのが今までで数えるほど・・・。このいながわ桜まつりに、ラボンダンスもブースで出店参加させていただくのでやっぱり花が満開のほうが祭りもイベントも彌増して盛り上ろうというもの。

なのに今年は寒かったから、きっとドンピシャの日程と思っていたら・・・東京では上野恩賜公園がもう五分咲き・・・。大阪も31日には開花ということで、満開だったらいいけどこんな葉桜にならないことをハラハラヤキモキしている昨今です。

 

でもお祭りはお祭りだし、冬が去って明るい季節がやって来た!って云う気持ちでその日はみんな頑張らせていただきたいですね。

楽しい催しいっぱい!どうぞ奮ってお越しくださいませ!

 

会場は猪名川町役場から静思館を通り、川沿いの道一帯です。

  

続きを読む

2018年

3月

09日

パンの美味しい食べ方・・・おせっかい編

 

ラボンダンス通信などで、その日に食べられなかったパンを美味しく食べるには、電子レンジをほんの少しかけると云々と書いているのですが、菓子パンなどは電子レンジをちょっとかける(推奨 一つにつき1000W 10秒)とふんわりして美味しいのですが、ハード系やデニッシュ系は止めたほうがいいかも・・・と最近は思っています。
ラボンダンスのパンは引きの良い生地が自慢なのですが、ことハード系とデニッシュ系に関しては電子レンジを使うと風合いが変わるような気がいたします。

一番いいのは、アルミホイルを使う方法です。

アルミホイルのキラキラしている面に霧吹きで少し湿らせたパンを包み、オープントースターで焼きます。少々時間がかかります。(冷凍パンの場合は15分はかかります。) 焼けたかな、とちょっと触って柔らかくなっていたらOK。オーブントースターを開けてもぴっちり包まれているのでそれほど温度に神経質にならなくても大丈夫です。アルミホイルを剥がして今度は1分ぐらいパリッとさせるために改めて焼きます。焼き過ぎには注意して下さい。

ハード系はすぐに食べられますが、デニッシュ系はそのままオーブンの中において少し冷めるまで待ちます。デニッシュ系は油脂が多い為、焼き立てはそれが溶け出しているので食べたときの感触がベタッとして悪いのです。少し冷めると落ち着いて、焼きたてに近い状態に戻るのでザクッとした歯ざわりが楽しめます。

 

さて、あんバターは買ってすぐ食べるのが一番美味しいのですが、ちょっと時間が立ってしまい、湿気てしまったようになった時、ちょっと裏ワザっぽいのですが、思い切って、あんとパターをパンから取ってしまい、パンだけを少し焼きます。軽くアルミで覆うと焦げすぎないのでよろしいです。パリッとしたパンにあんとバターを戻してやります。これは結構美味しいです。

せっかくお買い求めいただいたパン、美味しく召し上がっていただければうれしいです。

炊きたての御飯が美味しいのと同じで、パンも焼きたてが美味しいのです。

お求めくださったパンはできるだけお早めにお召し上がり下さいませ。

 

 

2018年

1月

25日

ラボンダンスの手たち

ブランジュリー ラボンダンスのスタッフは決して多くはありません。レジには2名、厨房には多いときでも4名、普通は3名ぐらいで切り盛りしています。その中から、毎日50品目ほどのパンが出来上がってきます。作業は連綿としてこなされ、私語は殆どありません。ピリピリムードかというとそうでもなく、さりとてゆったりムードでもなく、厨房がそれぞれのリズムで連携して着々と作業が行われている感じです。みんなすごく明るく、働き者のまじめな人ばかりで、レジの前はともかく、厨房でも大変そうなのに疲れた顔も見せずやっておられるのはやはりプロ意識の高さからかなぁと思ってしまいます。

パンを捏ねる、形成する、鉄板に並べて窯に収めるのはシェフの役割で、次から次へとパンを形成する作業に追われ、就業中はほとんど休み無しです。同じ作業を続けていると昼頃を過ぎると立ちながら形成しながら寝そうになるそうで、傍から見ているとキリキリ作業を続けているように見えるのに内実は結構シビアな戦いをしているようです。

その中で、おお今日はなかなか良く上がっている、とか、今日のクープの出来は良い、とか、窯から上がってくるパンを見るときが、孤軍奮闘しているシェフへのご褒美なのかもしれません。

いろんな手を経て生まれ出てくる、ラボンダンスのパンたち。今日も沢山の人に会えるといいね。

 

2018年

1月

08日

パンの味は日々変わる

新しい年が明けて、平常営業に戻りいつもの活気いっぱいの厨房です。随分前から、バゲット・ラボンダンスが大きく様変わりしているのですが、この形にしてから随分風合いも変わり、ますます食事の時のパンとして使いやすくなっているようです。生地の引きもいいし、香ばしさも増した気がします。


パンは本当にデリケートで、あの店のあのパン、あの味がいいのよ!と、同じ店に前に買ったパンの味を求めて行くのですが、結構振られることが多いのです。近似値はあってもあの日のあの味はもう「巡り会えない」と言っても過言ではなく、そういう意味では味覚は音楽に似ています。あの時の感動を同じ人の演奏ならきっと!と演奏会に行ってもそれがそこでは得られなくて、別の曲の中で別の感動という形で見つけたりします。小麦粉と酵母菌とが出会い、作り上げる偶然の味覚の世界。それをできるだけ確率高くするのがパン屋のスキルと言ってもいいでしょう。

 

久しぶりにクロワッサンを食べてみました。すると、今までのものよりバターの美味しい風合いが増して、優しいミルクの香りを感じることが出来ました。今までだって美味しかったのですが、その日のクロワッサンは本当に優しいミルクの香りに包まれ、本当に美味しかったのでした。

 

美味しいパンを、とシェフも日々苦労しているのですが、色々ベストのタイミングを沢山のパンで実行するのは難しいことです。でもそんな中でシェフの頑張りが実って、本当に「美味しかった!」とひとりでも多くの方々に感じて頂けたら!

 

いろいろなパン屋さんがそれぞれ日々、美味しいパンをと頑張って居られます。みなさんがいただかれるパンが今日、最高のものでありますように、と願っております。

 

 

2017年

12月

31日

2017年ありがとうございました!

なんと1年は短く感じることでしょう。
この間、新年のご挨拶を言ったかと思えば、桜が咲き、四季は当たり前のようにやって来て、去り、様々な事柄を残して足早に立ち去った1年でした。

でも、ブランジュリー ラボンダンスにはいくつかの催事を通して多くのお客様に知っていただくことが出来、嬉しい1年ではありました。多くのお客様がラボンダンスのパンを喜んで下さるのをスタッフ一同本当に嬉しく、ありがたく思う1年でした。催事の度の運搬や移動の疲れ、慣れない場所で、1日声をからして売り場に立ち働く疲れ。でも、お客様がそれに余りある喜びを下さいました。たくさんのお客様を思い出します。一つ一つが嬉しい思い出です。お渡しする喜びと受け取ってお帰りになる喜び。その瞬間を私たちはもっともっと素敵なものになるようにと、たゆまず努力していきたいです。
あと数時間で来年になってしまいますが、来年がみなさまにとって、素晴らしい年になりますように。そして私達のお店にとっても更に充実した年になりますように。HAPPY NEW YEAR!

 

 

2017年

12月

04日

川西阪急パンフェス・その後

川西阪急のパンフェスが終わってから、この小さなパン屋も少しみなさまに覚えていただいたようで、いろいろなところから来られる方も増えて、本当にありがたく思っております。

 

さてこの間、猪名川町の知人に聞いたお話を1つ・・・。その方のお友達は猪名川町在住の方で、無類のパン好き。広告でご覧になった川西阪急のパンフェスにも来られて、猪名川町の『ブランジュリー ラボンダンス』と云うパン屋があるのを初めて(!)知ったそうです。それが案外自分のお住いの近くにあるのがわかり、早速お店に来ていただいたそうで、その帰り際にその方にお会いになったとき、大きなラボンダンスの黄色い袋を2つぶら下げて居られたそうです。

知人いわく、「その人はホント、パン好きなんだけど、パン好きの方って好きなパン買うと満面の笑みを浮かべてねぇ、本当に幸せ〜って感じなのよ。でも、ワタシがアンタの近くに美味しいパン屋さん在るのよ、って紹介しても、ふ〜ん、って感じだったのに・・・、やっぱり阪急に出すと、みんな興味を持ってくださるのねぇ。」

 

 

おかげさまで少しずつお客様も増えてありがたく思っております。パンフェスのあと、本当に遠いところからも足を運んでくださるお客様にも感謝申し上げます。何よりも、そうして喜んでいただけることが一番のパン屋の幸せ。これからも愚直と言われても一つ一つ丁寧に、手間ひまかけて作らせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2017年

11月

14日

感 謝

川西阪急のイベント、パンフェスが終わりました。どうなるのだろう、慣れない売り場で機械の操作などちゃんとやれるのだろうか、お客様は来てくださるのだろうか、天気はどうなるのだろう・・・等々不安が心をよぎりましたが、開けてみれば比較的好天に恵まれ、沢山のお客様が来てくださいました。

大勢の方々・・・常連の方々が応援してくださるかのようにおいでくださり、知己の方々が待ちかねたようにおいでくださり、沢山のブランジュリー ラボンダンスをご存じない方々が好意を持っておいでくださいました。おかげさまで期間中殆ど完売させていだきました。本当に、本当に有難うございます。

 

私達のお店はあまり沢山のものを持ってはいません。シェフはひとりきりだし、スタッフもそう多くはありません。でもその中で知恵を絞り、手間と努力を惜しまず、お客さまに出来る限りのことをしたいと願っています。だから沢山はないけれど、少しでも、力を振り絞って頑張らせて頂きました。嬉しいことに阪急の催事担当の方からもパンとお店のスタッフのホスピタリティについてお褒めの言葉を戴きました。何より嬉しい言葉でした。本当にスタッフ一人ひとりがお店の宝物です。朝の早くからパンの積み込みをし、夜は8時を過ぎないと終わらない期間中、殆ど変わらないメンバーで立ち続け、頑張り続けました。・・・・・・

ラボンダンスではシェフが朝の2時に厨房に立ち、パンを作り始めます。定時になるとお手伝いのスタッフもそこで頑張ってスタンバイします。会期中、シェフは催事会場に来ることは出来ませんでした。最初のパンが出れば次の配達用のパンを作り、それが終われば明日のパンの仕込みをと、延々と繰り返します。睡眠時間は4時間ほど。会期中はシェフも頑張り続けました。・・・・・・

 

でも、何より忘れてはいけないのは、多くの、ラボンダンスを愛してくださるお客様のみなさまです。みなさまの応援があればこそ、スタッフもシェフも頑張れるのです。来てくださった方々のエールもとてもありがたく嬉しく思いましたし、初めてのお客様が喜んでくださるお顔も本当に力づけられたのです。私たちはお客様に恵まれていると言っても過言ではありません。

 

そして木曜日から日生中央のブランジュリー ラボンダンスが長かった休業から明けて、営業を始めさせていだきます。

 

明後日もみなさまのご来店を心よりお待ちいたしております。

 

 

 

2017年

11月

09日

新しいデニッシュ、出ました!

久しぶりの新作お目見えです!
自慢のデニッシュ生地にカスタードクリームそして2色の洋なしのコンポート。2色の一つは普通の、もう一つはワイン漬けのコンポートです。とてもデリケートでお上品そうなのにとっても気さく、そんな感じのおいしいデニッシュのパイです。もちろんちょっとしたお呼ばれにお使いいただくのにも最適です。当店自慢の『手間暇を惜しまず』に、作らせていただきました。ぜひ召し上がっていただきたいデニッシュです。
現在は川西阪急のパンフェスにて毎朝、店頭に並べて販売いたしておりますが、また店舗でもお目見えさせて頂く予定です。このおいしいデニッシュ、ぜひイチオシのおすすめです!  ただし数量限定なのでパンフェス期間中は午後イチでなくなってしまうことも。お早めに。

洋なしのデニッシュ  324円  (税抜価格 300円)

2017年

10月

26日

ハロウィントレイン・オバケさんのお迎え準備?!

今年も、能勢電ハロウィントレイン🎃準備してます😊
今年は10月の28日に、なんと52人のオバケさんが大挙して押し寄せるそうな・・・。
それがみんな “Trick  or treat!(お菓子をくれないといたずらするぞ!)” と叫びながらブランジュリーラボンダンスのお店の前を取り巻いて叫ぶ・・・ああ嬉し・・・もとい恐ろしや・・・それでオバケさんに差し上げる「お菓子」を用意しなければなりません。
今年も可愛い手作りのお土産を用意しました。準備万端でオバケさんをお待ちしています。
でも52個作るのは・・・なかなか大変〜❗️
スタッフは仕事の合間や休日を返上してオバケさんのお土産を作っております。

でも、みなさん喜んでおられましたよ〜と聞くと、疲れも忘れます。
今年はどんなオバケが来るのかなぁ。
みんな喜んでくれるといいなぁ!

Happy Halloween!

 

 

 

2017年

10月

17日

バゲット・ラボンダンスの変身

いろんなバゲットが並んでいますが・・・
コレ全部おんなじパンなんです。

バゲット・ラボンダンス。お店の名前を冠に付けたライ麦系の食事パンです。

 

最初は羊の角を模って作られていました。でも、食べやすさとか、焼き加減などを考慮してだんだんまっすぐになっていき、現在は一番右端、バタールの横にあるのが、現在のバゲット・ラボンダンスです。
おもしろい形〜から、美味しそう!な形に変化していきました。

昔の形がちょっと懐かしい気がしますが、パンとしては、切りやすく、食べやすいです。

形は変わりましたが味は変わりません・・・一層香ばしく美味しくなりましたが。

 

今後とも新生『バゲット・ラボンダンス』よろしくお願いいたします。

 

 

2017年

10月

15日

いながわ町ぶらサイクルロゲイニング

 

 

今日、いながわ町ブラサイクルロゲイニングが開催されました。
サイクルロゲイニングとは、サイクリング自転車で決められたコース上に在るいくつかのポイント地点を、任意で数か所訪れて、写真などでそのポイントの記録を残しつつコースを走りきり、その全体の時間を競い合うスポーツです。

が・・・あいにくの天気、雨が降ったり止んだりしながらも全体的には一日中降り続きました。本来なら小春日和の良いお天気の中、風物を風の流れとともに感じながら颯爽とサイクリングできたはずなのですが・・・。

でもオフロードの勇者たちは
『いえ、雨そんなには苦にしてません。サイクリングしていたらよくあることですし、
エントリーもしていますから楽しんで走ってますよ』と、サイクリングのシュッとしたスタイルでポイントである当店にも来てくださいました。
雨で難儀はされておられるようでしたが、途中で出会うサイクルロゲイニングの参加者さんたちは皆一様に楽しそうでした。

とは言え、皆様お疲れ様でございました。
来年は秋晴れの穏やかな猪名川の道を、サイクルロゲイニングの方々が颯爽と行き交う、そんな好天の日となりますように・・・。

 

 

2017年

9月

16日

お店の場所がわからない

今年も『くるり』さんに掲載していただきました当店、とても嬉しく発売された本を手に取った管理人なのでした。しばらく見ないうちに周りに色々素敵なお店が出来て、あちこちお訪ねしてみようと今からウキウキしております。

さて、去年の『くるり』に掲載された当店をご覧になり、ぜひ行くべしではるばる遠方からお越しいただいたのに『場所がどこにあるかわからない・・・!』と悲しくお帰りになられたお客様が、今年のくるりをご覧になって「やっと来ることが出来ました!」とわざわざまたお越しになってくださったのです。その時は本当に嬉しく思ったのですが、反面、本当に申し訳ないことでした。

実は『お店の所在地がわからない』と云うのは少なからず伺っております。一応通りに面しては居るのですが、ちょっと奥まっていてなんとなく気づきにくいのですね。

こう云う時は本当にご遠慮無く、お店の電話 072-767-3379 に連絡くだされば、場所を説明させて頂きます。せっかくおいでいただいたのに場所がわからなくてお帰りになってしまわれることのほうが私たちスタッフは悲しいです。どうぞご遠慮無くスタッフにお尋ね下さい。

 

 

2017年

8月

30日

ラボンダンス・売切れ率の高い商品ベスト5

この間、厨房からサブレがたくさん焼き上がって出てきました。これから冷まして袋詰して店頭に出るのでしょう。さて、次の日行ってみると、サブレは出ていませんでした。どうしたのかなと聞くと、お店に並んだ途端サブレが出た!と、待ち構えておられたお客さまたちであっという間に完売。
それで、ネタGET!
ラボンダンスの買い難い商品ベスト5を聞いてみました。

第1位はサブレ。伝統的なレシピで作るリッチな焼き菓子。 ティータイムにひとつあれば十分楽しめてしまいます。
でも、なんせ忙しいシェフが時間があるときに作るので、とてもレアな不定期商品。

 

第2位はメロンパン。これは度々作っているのですが、焼き立ての香ばしさが喜ばれて、出ると瞬く間に完売率高し。手間がかかるためにあんぱんよりは手に入りにくいパン。

 

第3位 ベーコンエピ。結構手間が掛かるのでそう数を作れないため、出てしまえばもう終わりのパンのため。

第4位 くるみパン。 頻繁に出るにも関わらず、テーブルロール代わりにお買上げのお客様が多く、結構早々となくなることが多いです。

第5位 塩味。 これもよく店頭に出るのですが、やはりテーブルロールとしてお求めになる方が多いようです。

 

クロワッサン、あんぱん、黒豆パンもよく出る商品ですが、大抵のパンは度々店頭に出るので、
買いにくい商品ではないようです。チョココルネも季節によって手に入りにくさが変わるようです。

どの商品も予約を入れていただけると手に入り易くなりますので、これが欲しいと言うものが
ございましたらぜひお店にご連絡をお願いいたします。

 

 

2017年

7月

14日

そう高くはない山だけれども

ラボンダンスのパンメニュー。クリックすると拡大します。
ラボンダンスのパンメニュー。クリックすると拡大します。

ブランジュリー ラボンダンスでは
開店当初から『ラボンダンスのパンたち』と称してお店のパンの殆どを紹介したB4サイズのチラシを置いています。この数年はよりイメージが分かっていただけるようにカラー版を用意しております。これを参考にしてパンを選んで頂くお客様も多くありがたく思っております。

さて、最近ではこれを見て『全パン制覇』を試みてくださるお客様もおられるそうです。
『ラボンダンスのパンたち』は50余種類、 それを通勤のお帰りに数点ずつお買い求めになられるのだそうで、前はあれとそれを買ったから、今日はこれとこれ、という風にチェックしておられるのだそうです。
シェフはそれを聞いて、「嬉しいことだけれど全部買ってしまわれたらもうお越しにならないかもしれないね」と言っていたのですが、それとなくスタッフが、全制覇されたらまた別のパン屋で全制覇ですか、とお尋ねしたところ、「それはないですよ、全部頂いたもののうちから気に入ったものを今度は求めていきます」と仰ってくださったそうでそれはとても嬉しいことでした。

全部召し上がっていただいても小さなパン屋のパンのお山は、そう高くはありません。けれども、それぞれのお店のシェフが、ひとつひとつ心を込めて作っています。
私たちがお店に出すパンも宝物のように慈しんで皆様にお出ししていきたいです。
そうやってお客様が1つずつ楽しんで求めていただけるように。

今日もパンを買っているただいたお客様に感謝しながら、
さらにさらに喜んでいただけるようにとスタッフ一同頑張らせて頂きたいと願っています。

 

 

0 コメント

2017年

4月

13日

パンの価格改定のお願い

心機一転の4月を迎え、ラボンダンスもスタッフ一同
さらにお客様に足を運んで頂けるお店を目指して頑張っていきたいと
願っております。
でも、その前にお客様の皆様にお伝えしなければならなくなりました。

それは、ラボンダンスのパンの価格改定のお願いです。

以下は、お店にも告知させていただいております。


お客様へ

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

ご来店くださるお客様お一人お一人に支えられて

ラボンダンスは今日まで続けることができました。

心より感謝申し上げます。

 

この度、本当に心苦しいことではございますが、

値上げのお願いをせざるをえない状況となりました。

主な要因としては、右肩上がりに続く原材料やバターの高騰が続いているためです。

 

この先もお客様に安心して選んでいただき、今まで通りの味を守り、
手間を惜しまず丁寧に作り続けていくために、
4月20日より商品価格を改定させていただくことになりました。


ラボンダンスでは、これからもお客様に喜んでいただける

パン作りを続けて努力してまいります。

どうぞご理解賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

                ブランジュリー ラボンダンス

                                                     オーナーシェフ:田中 豊

 

 

皆様に喜んで頂ける、地域密着のお店として頑張ってまいりましたが、
本当に止むところのない原材料・・・小麦粉から砂糖、ナッツ、ドライフルーツ、
そしてバターに至るまでこれまで市場価格の高騰はとどまることを知らず、
結果、パンのクォリティを維持するために価格改定やむなしと云う状況になったことは
本当に心苦しいのですが、より美味しい安全に選んで頂けるパンをこれからも
提供させていただくために一層頑張らせていただく所存でございます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

0 コメント

2017年

4月

05日

怒涛の春

ブランジュリー ラボンダンスは、三月下旬の江坂東急ハンズ・ベーカリーフェスタに続き、
妙見の森のごこちマルシェ、
それから二日置いてのいながわ桜まつりと、
出店が怒涛のように続き、シェフをはじめスタッフ
一同、本当に一丸となってパンを作りパンを焼き、
盤重に並べて、積み込んでは現地に移動、
売り場では場所の設営(必要な机の設置や張り紙、カゴやそれぞれのトレーの配置や風袋の設置その他いろいろいろいろ!)と撤収などに目の回るような忙しさ。
おかげさまでイベントでは完売致しました。
みなさま遠いところまで足をお運び頂いて本当にありがとうございました。
昨日、今日と二日間のお休みをいただいてスタッフはそれぞれひと休みです。・・・ただシェフは次の準備のためにほとんど休みなしで厨房に入っているようで、でも、すこしはゆっくり眠れたかなぁ。


さぁ、明日から平常営業です。イベント中みなさまには多大のご不便をおかけいたしまして
申し訳ありませんでした。シェフ・スタッフ一同、どうぞ昨日よりもより美味しいパンを
お届けしたいと頑張っておりますので、是非また足をお運びくださいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

0 コメント

2017年

2月

23日

モバックショウ2017見に行ってきました!

モバックショウ、田中豊シェフに同行して2月22日丸一日参加いたしました。

モバックショウは食の、特に製菓・製パンの見本市です。
オートメーションでパンを形成したり、焼いたり、包んだりする機械、
パンやケーキを作るのに必要な什器、新製品の粉、
新開発の食材や製菓材料などが5つの会場に整然と並べられ、
新しい経営のあり方や指針などの講演も開かれます。
一日居ても見切れない、飽きない、見本市が展開されているのです。

やはり背広族がいっぱいメモを取ったり名刺交換をしたり、
ブースごとに招かれてその商品を使って美味しいパンやケーキを作るシェフの方々が
お互い情報をやりとりしたりして華やかな賑わいがあります。

 

ウチのシェフが参加したのはお世話になっているベーカーズプロダクションのブースで、
そこで師匠の現・サマーシュの西川晃功シェフが
豆乳や、乳製品、ドライフルーツ、小麦粉、かんてん、果汁、酢など
多品目のさまざまの食材や材料を使って美味しいパンを焼き上げ、
サンプルとしてブースの観覧席の目の前に山積みにしてあるのでした。

新しいパンが焼き上がる度に即座に切り分けられ、ブースを取り巻く観覧者に
惜しげもなく振る舞われます。
食べて、味わって、それを使って自分のお店の商品にどう取り入れるか、
それがこのブースの主目的です。

ブースでは朝から午後5時頃までパンがずっと焼かれていて、
西川シェフはずっと立ちっぱなしでパンを作る手伝いに来た
国の内外から馳せ参じたお弟子さん達と協力しながら
商品についておもしろおかしく、蘊蓄高くアナウンスします。
本当にタフなシェフだなぁ!とそのパンへの情熱が光るブースでした。

それぞれの参加協力しているパン屋さんが自分のパンを紹介する中、
西川シェフが、彼が作って持ってきたパンも紹介し、
美味しいよ!と激励して下さり、
『彼が、新聞の取材でガレット・デ・ロワをみんなに伝えてくれたんですよ、
パン屋だってこんなのが作れるんだ!って』
西川さんは嬉しそうでした。

時間ギリギリまで色々なパンが焼かれ、試食され、賑やかで
色々勉強になったモバックショウでした。

 

 

「続きを読む」をクリックすると写真が見られます。

       

 

 

0 コメント

2017年

2月

15日

.jpから.comへ変わりました!

少し前から、.jpよりもドットコムと
云うほうが、お店としては語感が嬉しいかな、
そんな風に思っておりました。
HPのプロバイダーに訊くとなぁんだかんたんに
出来るんだ!とわかり、
早速ラボンダンスコム(ラボンダンス混む!)と
打ち込んだところ・・・
もうあります 他の選んでね

との悲しいお知らせ。

 

実は、日本ではなじみのない『L'abondance』はフランスでは1つの村の名前でもあるし、
美味しいチーズの名前でもあるし、なにより縁起のよいネーミング(豊穣)なので
ホテルや商店でも使われているのでした。

ではこれにウチの店のdepius(出店)の年2010を入れたらキレイにまとまりました。

今日からwww.labondance-2010.com
HPは動いています。でも

従来通りラボンダンス パン で検索出来ますので
またどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

0 コメント

2017年

2月

04日

2月のおしらせ

長らくご無沙汰して大変申し訳ありません。

相変わらず管理人のパソコンが不調のため、
ホームページ上での情報発信が滞っております。

現在Facebookのみでの情報発信となっておりますので、

お手数ですがそちらからご確認お願いいたします。

Facebookのアドレスはこのホームページのホーム画面に入り口がございます。

 

 

2月のお知らせです。

2/22日の(水曜日)にシェフがモバックショウ(製菓製パンの展示会)に
参加のため、翌23日(木曜日)を臨時休業をさせていただきます。
この日を予定しておられるお客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが
何卒よろしくお願いいたします。

 

ちなみに、モバックショウは一般の方の入場はできません。

シェフが参加しますので後日ご報告ができるかもしれません。(Facebookで。)

どうぞよろしくお願いいたします。

 

管理人

 

 

0 コメント

2016年

9月

10日

ようこそいらっしゃいませ

『よ〜いドン!』の放送があった先週、次の日は雨の所為もあり、様子見のお客さまがちらほら来られ、主に放送に出たクロワッサンが売れっ子になっておりましたが、その次の日には古くからのお客さまも来られて、スタッフに『見たよ〜よかったねぇ」と口々に御声掛け下さり、嬉しいスタッフでした。

シェフはクロワッサンを連日いつもの倍は焼いておりますし、その他のパンたちも一緒にお求めになるお客さまが多く、閉店前にはほぼ完売となっているようです。おいで下さったお客さまに本当に感謝です。

それにしてもメディアの力は凄いなぁと思いました。コミュニティ新聞や本に載ることでこれまでも少しずつお客さまにお店を認知していただいておりましたが、テレビで実際に「見る」ことで、今まで出していただいた情報が一気に活きることが出来て本当に嬉しいことでした。

これからも心を込めて美味しいパンをみなさまにお出しできるように頑張って参ります・・・が
何せひとりシェフですので、嬉しい悲鳴を上げながら黙々黙々と厨房に向かう姿に、
いいんだ人類とちょっと話しが苦手でも、その分スタッフに饒舌に語って貰えればいいんだから・・・いいんですか?いいんです・・・よね。

これから総力戦になればいい、頑張れることは嬉しく有り難いことですので、
これからスタッフ一同さらに精進して参ります。
よろしくお願いいたします。


0 コメント

2016年

9月

07日

よ〜いドン!の円広志さんご来店!

先日(9/6)放映された関西テレビ『よ〜いドン!・となりの人間国宝さん』、早速反響があり、クロワッサンをお買い求めに来られるお客さまがたくさん来店され、さすがメディアの力は違うなぁと感動いたしました。
次の日はあいにく水曜日のお休みの日で、放送では告知されなかったため休店日においでになったお客さんには本当に申し訳ないのですが・・・

 放送に映ったスタッフは、「私があんなに
前面に出たのは良くなかった」、としきりに言っておりましたが、まぁシェフが寡黙な人ですからねぇ・・・あれはベストだったと思います〜。

 

クロワッサンを本当に美味しそうに撮って下さって、いつも見ている管理人でさえ、
美味しそうだなぁ!食べたいなぁ!と云う感じに映っていて・・・。

 

さすがテレビ局の方はプロですねぇ・・・! 

 

パン一筋に修行してきた職人肌のオーナー、と紹介して下さってとても嬉しく、
放送中のスタジオで、「おみやげ」のクロワッサンをゲストの皆さんも
美味しそうに召し上がられて本当に嬉しかったです。

 

一生懸命、一つ一つ心を込めて、『だってそれだけしかウチのウリはないのだから』と、
作り上げたパンはどれもつるんと綺麗で、整っていて、美味しそうです。
また、これを機にたくさんの方に知られて、ラボンダンスのパンを召し上がって
喜んで頂けたら、
それが何よりのシェフの喜びです。

もっと余裕が出来て、シェフの頭の中にある色々なアイディアが
どんどん厨房で実現できたら・・・。
もっとバラエティに富んで美味しいパンをお客さまに提供したい・・・。

そんな日を夢見ながらシェフは黙々とパンと付き合っています。

 

 

0 コメント

2016年

8月

07日

食パン食べた

お客さまから伺ったお話。

うちのコ、食パン食べたのよ!、と
嬉しそうに話しかけて下さいました。
お孫さんの5歳になる男の子が、車の中で、
おなかが空いた、と言うので、ラボンダンスで
買ったばかりの角型食パンを、食べる?と渡した
ところ、あっという間に2枚、平らげてしまったそう。
食べたことのないヘタの部分まで食べちゃった
そうで、それは気に入ってもらったんだなぁ、と
嬉しく思っていますと、この話には続きがあって、このお孫さんは出先で、クリームパンや菓子
パンは食べても、食パンは嫌いで食べなかったそうです。

子どもの繊細な舌は結構シビア。お店に来る子供さんたちも、小さなグルメ(食通)。
それに歯に衣着せないので、美味しくなかったら『いらない!』ですから、
ある意味とっても怖いのです。

この角食も、シェフが丹念に丁寧に作った仕事。
仕事、丁寧ですよね、と言うと、シェフは

『うちのような小さなお店は1個1個丁寧に作らなければ、他に何も残らないからね』
そう言って笑っていました。

お店に入ってくる親子連れのお客さま、みんなが愉しそうなのが
嬉しいのですが、こうして喜んでいただけるのをお聞きしますと、
本当に嬉しいスタッフなのでした。
今日も美味しく召し上がっていただけたでしょうか?
みなさまひとりひとりに、改めて、ありがとうございますを申し上げたいです。

 

 

0 コメント

2016年

8月

03日

フランスパンにアイスクリーム

フランスパンを使った簡単な冷たいお菓子があったので作ってみました。

 

ラボンダンスには小さいフランスパン、フィセルがあります。

これを使ってカリカリ熱くてふんわりして冷たぁくて甘〜いお菓子を作ります。

フィセルを横から切って真ん中の部分をスプーンなどで取ります。

そこにアイスクリームをたっぷり挟んで2時間ぐらい冷凍します。

しっかり冷えたのをオーブントースターで4分ぐらい焼きます。

それを2等分か3等分に切って出来上がり。

横に切ったところからさらに切り開いて、2等分して

その上にシナモンシュガーを振りかけても美味しいですよ。

皮は熱くてカリカリなのに中は冷たくてとろり。
クロワッサンアイスクリームほどインパクトはありませんが
サッパリしていて美味しいです。

 

 

0 コメント

2016年

7月

31日

ラボンダンスの塩パン『 塩 味 』登場

いろいろなパン屋さんで、『塩パン』が次々出される中、お客さまからも、塩パンはないの? との声がちらほら聞かれるようになりました。

一般的な塩パンは、ドイツのお隣、オーストリアの
ザルツシュタンゲンと云う、バターを真ん中に巻き込んだ、ちょっとクロワッサンに似た形(上右端のパン)が元になっています。

 

色々なパン屋さんでそれぞれの塩パンを考案されて作っておられる中、
じゃあ、うちでもラボンダンス的な塩パンを作ってみよう、と
色々試みて(真ん中のパンは試作品の1つです)、出来てきたのは、
程良い塩味でテーブルロールの替わりにもなり、生地のおいしさが楽しめるパン。
今日にでも店頭に並ぶ予定です。

そうそう、名前は塩パンではなく、塩味(しおあじ) です。
まぁ、塩味のパンですからねぇ。
あーでもないこーでもないと厨房では名付けで盛り上がるのですが(笑)
おひとつ、¥130(税別¥120)です。
ラボンダンスの塩パン、ぜひお試し下さいませ!。

 

               塩 味 ¥130 (税別¥120)

 

 

0 コメント

2016年

7月

29日

新作パン出来ました!

新作パン、登場です。

えっ、写真が4つあるから4種類?!・・・いいえ済みません1つだけなんです。
←←この丸いパンです。

このパンを作るために挟んだり、伸ばしたり、
色々試して、この形に落ち着いたというわけです。

ゴルゴンゾーラ それがこのパンの名前です。

これは、定番のノワ・レザンにコクのあるゴルゴンゾーラチーズを入れたものです。

ゴルゴンゾーラとは、イタリア産ブルーチーズ(青カビチーズ)のことで、
豊かなコクと爽やかな辛さを持った、美味しいチーズです。

お好きな方、またはもうすでにやってましたよ、と云われるかたは、
先見の明がお有りですね。
ホント、このパンにはブルーチーズがとても良く合います。
ノワ・レザンのリッチな少し甘い風合いをとても良く引き立ててくれる、
ピリッと大人向けのパンです。
パン好きさんにお勧めです。

千切るよりはスライスして、お好みでハチミツを薄く塗っても美味しいですよ。


       ゴルゴンゾーラ   ¥ 205  (¥190税別)


0 コメント

2016年

7月

28日

チョココルネの攻防

ラボンダンスによくご来店されるお客さまで
あちこちのパン屋巡りなどもされるご婦人が常々、ここではチョココルネみたいなもの、
作られないのかしら?とスタッフに仰って
下さったのをシェフも伝え聞いておりましたが、
この度やっと夏のお菓子として店頭に出すことが出来ました。
おかげさまで暑い時期にひんやりしたこのパンは
とても人気者でたくさんのかたに購入して頂いております。有り難いことです。

さて、そうしてそのお客さまも、このパンが店頭に並べば必ずお買い求めになって下さって
嬉しいスタッフでしたが、
ある日ご来店の際、ちょうどお店に2個しか無かったので、
お客さまはお気に入りのパンを1つ、ご自分用に、
このコルネは結構大きいので、もう1つは2人居られる小さなお孫さんに半分こずつ、
と云うことでお買い求めになりました。
ところが、小学校から帰ってきた幼い妹さんが、半分、と云うことに承伏せず、
お兄ちゃんに渡らなかったそうで、「おばあさま」はそれからは、
次のご来店の際には3個、お求めになったそうでした。
このチョココルネはブリオッシュ生地で出来ていて、
お客さまによると『結構はまる味』なんだそうです。

子どもさんが、おこづかいを握りしめて買いに来て下さるお店、
それがラボンダンスの目標のひとつでしたので、
学校帰りの生徒さんがひとつずつお求めになって
愉しそうにお友達と帰って行かれたり、
ご家族とお店に入ってこられるお子さんが目を輝かせて
これ!あっ、これも!・・・と、一緒に楽しくお買い物をして下さる姿は
とても微笑ましいです。
とは言っても
おうちでも仲良くパンを食べて頂きたいなぁとちょっと心配するスタッフなのでした。

 

 

0 コメント

2016年

7月

15日

クロワッサンにアイスクリーム♡

 

クロワッサンにアイスクリームを挟んだらおいしいよ、
常連さんが教えてくださって、
その時に、ハーゲンダッツアイスクリームが一番美味い、と
コメントも頂いたのですが

もともとバターたっぷりの生地に、乳脂肪バッチリのアイスクリームが
そんなに合うかな、と個人的には疑問でした。

あっさりの乳脂肪少なめな方が・・・と思ったりして
実際そうして挟んでこれも美味しいよ?と思ったりしていたのですが、
たまたま乳脂肪の多いアイスクリームがあり、
それを挟んでみたところ、

 

何と芳醇でおいしいアイスサンド!

これは美味しいわぁ〜♡

結構いっぱいいっぱい挟んだのですがごらんのようになんてこと無し。

美味しい夏のおやつになったのでした。

クロワッサンをお買い求めになったらぜひ一回はお試しください。

魅惑の夏の冷菓です。

 

 

 

 

 

0 コメント

2016年

5月

23日

新作続々!なのに画像無し(涙)

管理人が別件でちょっとHPを離れている間に
お店では新しいパンが出だしていました!
画像がないのが痛恨のエラー(涙)

1つはアンチョビクロワッサン
クロワッサンの間にアンチョビを挟んだ
まさに辛党のための
ちょっと小さめのクロワッサン!
ワインがお似合いだけど、
ビールにも合っちゃいます!
おひとつ130円(税抜き価格120円)!

2つめはチョココルネ
夏向きに冷やして出されるそうで
くるくるんに焼いてひんやりさせた
スゥイートブレッド生地のコルネパンに
冷た〜い自家製チョコカスタードクリームが詰まっています。
おひとつ205円(税抜き価格190円)。
冷蔵庫でお待ちしております!
絶賛発売中!ですが・・・数量限定なため売り切れの際はご容赦下さいませ。


春から夏へチェンジの季節。
ラボンダンスの季節の変わり目を感じるパンたちに会いに来て下さいね!

 

 

0 コメント

2016年

5月

07日

イラストが違うよ〜

最近まで直さなかったりんごスリッパじゃなくて
ショーソン・オー・ポンムのイラスト入りチラシ・・・。
付けが来てバッチリ直す羽目に・・・。
こりゃーたしかにダメですよねぇ

画像を適当に覚えてるからこんなコトになるのですねー
一所懸命作ってるシェフごめんなさい〜。

とゆーわけでチラシはバッチリ訂正と相成りました。


新しくできたチラシは店頭にございます。
地方発送用のパンのチラシのお話しでした。

 

 

0 コメント

 

お店の中や周辺のこと、新作の紹介など

 

不定期にて更新させて頂いております。
 
過去のブログは『ブログ・アーカイブス』にて、
または一番下に在る【サイトマップ】から
 去年以降の記事がご覧になれます。
 
どうぞお入りください。

 

   写真や絵を
  クリックすると
  移動または拡大
   いたします

 

休業日のお知らせ

 パンの地方発送承ります
 パンの地方発送承ります
ラボンダンスのパンメニュー2018版
カタログ
ラボンダンスのパンメニュー2018版.png
PNGファイル 6.1 MB
オーガニック飲料のご案内
オーガニック飲料のご案内

ラボンダンスの フェイスブック 絶賛公開中 (^^;   

 

ラボンダンス通信更新準備中です
のんびりブログ
のんびりブログ
ブログ更新準備中です