ブログ パン屋歳時記 〜2018年

2020年

8月

19日

暑いですねえ!

身体を焼くような痛みにも似た暑さの毎日、そんな中、当店に来てくださるお客様に感謝の日々のスタッフです。一度来てくださったお客様が、美味しかったのでまた来ました、と言ってくださると、それが一日のエネルギーの素になります。有り難いです。

 

クロワッサンがウリの当店ではありますが、今回20個で、と云う予約の注文が入りました。20個と云えば窯に入れて焼く丸々一回分です。数日後お越しになられてお話を伺ったところ、お客様はけっこう遠方の方で、お近くにもたくさんパン屋さんが有ってそれぞれ美味しいのだけれど、偶然頂かれた私どものクロワッサンが一等お気に召したそうで、また買いに行こうとしたら、お友達の方からもそしたら自分の分も!と云うリクエストが有り、何軒かのぶんをまとめて買いに来た、と云うわけで20個ご購入~💖まいどあり~💖💖💖 

 

思えば、私どものパンはそんなに数も多くはなく、代わり映えこそしませんが、一つ一つのパンにファンがおられ、来られて店内を見回して、有った有った残ってた~!と喜んでくださるお客様がたくさんいてくださいます。シェフもお客様のために一つ一つ心を込めて作っていますし私たちスタッフもオススメしています。お客様が喜んで下さり、気持ちも受け取ってくださる時、本当に嬉しいです。

 

 

当店の夏のお休みも明日で終わり、木曜日からは心機一転、またフレッシュな気持ちで頑張らせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

2020年

7月

09日

うれしいお届けもの

ブログは毎日書いて当たり前なのですが・・・あぁっと言う間に一気に2019年の秋から2020年の夏に突入するという何という機能不全な・・・すみません、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 雨の切れ間の昼下がり、よく『ラボンダンスのパン宅配便』を利用してくださるお客様から、シェフにとパッションフルーツのプレゼントを頂きました。今回も送ってくださったそれぞれのお宅から、とても美味しいパンでしたよと大変喜んでくださった由、それをお伝えくださるだけでも嬉しいのに、その土地の美味しいおたよりまで届けてくださって、本当に恐縮しつつシェフもスタッフも喜んだのでした。


早速、袋を開けると甘ずっぱいトロピカルな香りが厨房に広がりました。
ちょっとシワが寄ってきたぐらいが食べごろのこと、テーブルの上で素敵な甘い香りを漂わせています。

 

私たちの作るパンもそうして食卓で美味しい香りと生地で食べる人にもっと喜んでいただけるように、より一層励んでいきます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2019年

10月

30日

ご来店ありがとうございます

シェフが捻挫! 捻挫ならテーピングでなんとかなるとみんな思っていたのですが、実際には靭帯損傷と云う結構厄介な足の状態なのでした。骨折していなかったのが不幸中の幸いで、勿論歩けないので即行お店に立つことが出来ず、やむを得ず急遽お休みをいただくことになり、シェフの足には痛み止めと湿布が処方され、ギプスが装着されることに相成ったのでした。
慌てて店内、ブログ・HPにお休みの報告をお知らせ致しましたが、お客様には大変ご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。


幸い、薬とギプスのおかげで休んだ翌日には立ち歩きが可能になったので、次の日にはお店に立つことが出来たのでした。


ただ、ギプス装着のため機敏な動き、ということがなかなか難しく、その日は作る量を絞って対処しました。
次の日も、歩きにくい事でパンを作るスピードは落ち、すべてのパンが焼き上がって揃ったのはお昼の3時頃で、いつもならそろそろお店も落ち着いた頃であとは夕方のお客さんを待つ、という時間なのでした。これは大量に余るか、と思われましたが、そんな時間にもかかわらずお客様が次から次へと絶え間なくおいでくださり、気がつけばほぼ完売状態になったのでした。
この小さな店をお客様に覚えていただいている事が本当に嬉しかったです。

 

次々来て下さるお客様にスタッフもシェフも勇気づけられ、次の週にある川西阪急のパンフェスになんとか突入できました。
お越し下さったお客様お一人お一人に本当に感謝です。

 

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

2019年

7月

02日

関西テレビ『よ〜いドン!』で紹介されました♡

月曜日の関西テレビ『よ〜いどん!』の放送でパンのHP『パンヲカタル』 主宰のパンシェルジュ浅香正和さんより当店を紹介して頂き、多くのお客様のご来店を頂き心より感謝申し上げます。

 

放送直後から、放送を見たというお客さまがたくさんご来店され、おかげさまで紹介されたクロワッサンと洋梨のデニッシュは特にご好評を頂き、スタッフ共々忙しいながら喜んでおります。

 

6月半ばに取材を受け、作る過程から丁寧に取材して頂いて、とても美味しそうな美人のパンに映っていて、おお、なかなかのもんだぁと感動して見せていただきましたが、見せるポイントがしっかりしているのはやっぱり紹介する方がプロの所以なのだなぁと思いました。

 

いつもは10個前後作っていたデニッシュを急遽30個ご用意し備えておりましたがあっという間に売り切れてしまい、明けて今日は午前中にほぼ用意した分は早々と売り切れてしまう勢いで、厨房ではシェフが一生懸命頑張って追加に励んではおりますが、大量生産できるタイプのパンではないのでにわかに厨房が対応できず、お客様には大変ご迷惑をおかけしております。申し訳ございません。

 

でも取材を受けて、放送していただいたことで、多くの方にこの小さな店を知っていただく格好の機会になったことは本当に感謝しております。

ほんの近くにお住まいでも、『今まであったとは取らなかった』『放送で初めて知った』と言って来て下さるのにはやっぱりメディアの力を強く感じますし、嬉しくもありますが、心してさらに美味しく喜んでいただけるものを提供していきたいと思う機会にもなり、スタッフ一同気を引き締めつつ、頑張っていきたいと思っております。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

2019年

5月

02日

ミードパン・クッキー

フランスで、知り合いのパン屋さんからその日余ったフランスパンを貰い受け、いろいろな施設へ無償で届けていたボランティアの人がいました。ところが配っても余ってしまうパンを残念に思ったその人は、一計を案じ、そのパンたちを細かい粒に粉砕し、まるで小麦粉のようにサラサラの粉にしてみました。それを見ているうちに、これを使ってケーキやクッキーを焼けないか試してみたところ、なかなかよいものが出来ました。早速知人のパン屋さんに頼んでその粉でケーキやクッキーに作ってもらって、なかなか評判を呼んでいる・・・、という話をテレビでやっておりました。
これ、ラボンダンスのパンでも出来ないかなぁと思いました。

 

以前食べたイギリスのハロッズのオートミールクッキーが大変美味しかったので、オートミール入り、ナッツ入りのクッキーがいいなぁ・・・ということで、だいたいこんな感じかな、とそれを参考に作ったのが、今回の『ミードパン・クッキー』。ミードパンとはフランス語で『パン粉』と云う意味です。


出来上がったものは、素朴で、さくさく。甘さ控えめ。でも香ばしくてちょっと懐かしい、おばあちゃんの焼いたクッキー風。

申し訳ないのですがたくさんは作れないのでちょこっとずつ店頭に並びます。

 

もし見つけたらぜひどうぞ。日本茶でもコーヒーでも紅茶でも。
ほっこりしたひとときをみなさまに提供できれば幸せです。

 

ミードパン・クッキー  ¥400  (税抜¥370)

 

2019年

4月

24日

パンフェス無事に終わらせて頂きました

パンフェス無事終わらせていただくことが出来ました。

おいでくださった方、応援してくださった方、たくさんのラボンダンスを愛してくださるお客様に本当に感謝です。

阪急電車のミニコミ誌TOKKのパン特集に、当店のクロワッサンとクリームパンを掲載させていただいたことも手伝って、この2つは特に人気があり、土曜日には入荷待ちで沢山の方々にお並びいただき、申し訳ないやらありがたいやらで本当にお客様には感謝の思いでいっぱいです。

会期中、今日は大丈夫かなぁというスタッフの心配を他所に、どんどん在庫のパンが無くなっていき、気がつけばほぼ連日完売状態、火曜日の最終日にはパンフェスが午後5時に終了した(会期中は最終日以外は午後8時まで営業)にも関わらず完売させて頂きました。お客様にこの小さなお店が覚えられているのだという実感で、胸が熱くなる瞬間でした。
 

スタッフ一同、連日の非日常の疲れは残っていますが、パンフェスの感謝の気持ちを持って、またスタッフ全員皆様のお越しを日生中央にて心よりお待ちしております。よろしくお願い申し上げます。

 

2019年

4月

01日

パン屋はつらいよ

元号が『令和』に変わった今日、4月はブランジュリーラボンダンスにとっても忙しさが満載の月でもあります。今週末にはいながわ桜まつりが開催され、出店と同時にお店でも販売するので、一昔前なら嬉しい悲鳴を上げてます〜と書いたものですが、今は嬉しいと同時に悲鳴を上げています、というちょっとニュアンス的にうわぁ大丈夫かぁという感じです。それが終わると川西阪急のパンフェスが開催されます。スタッフもシェフも総動員体制です。
うちはパンを捏ねるのも発酵させ成型するのもシェフ一人の作業です。だから目が届きやすく、生地もチェック出来、仕上げも美しく、ひとつずつ整ったものが出来てきます。沢山の作業するひとが入ってしまうと味や形が変わったりする、そう云うこともありません。それがラボンダンスのウリでもあり、生産量が限られるデメリットにもなります。今日『鶴瓶の家族に乾杯』を観ていましたらパン屋さんが映っていて、とてもユニークで美味しそうなパンを焼いておられ、その人が仰るに「パン屋で独立できてよかった。でも儲からないねぇ、ウチは貧しいよォ」・・・。自分の好きなパンを焼けるけれど、常にお店の経営とにらめっこで、収支がトントンならそれで良しとする独立個人営業のパン屋さんの楽しさと辛さを感じました。

もう少し知名度が上がったら。もう少し売れるようになったら。もう少しコンスタントにお客様においで頂いたら。 もう少し・・・もう少し・・・、そのために出店も喜んでさせていただきます。ただ、そう云うことを日々願いながら、もう少しシェフが楽に仕事ができるようになったら、もう少し休みが取れるようになったら(実際今はお休みと云っても大抵はお店で作業してるので)・・・。でも、シェフはいつも「パン屋の仕事が好きで、始終パンのことばかり考えてる」人なので、せめて健康だけは気をつけてほしいと願うばかりです。
どうかこれからもこの小さなお店をよろしくお願い申し上げます。

 

2019年

3月

21日

出店の喜びと・・・

今年も猪名川町の主催する桜まつりと川西阪急のパンフェスが開催されます。特に川西市内に知己の多い管理人はそのたびに、楽しみにしてます〜!と沢山の方々からお声をかけていただくので大変嬉しく、今年も猪名川町の皆さまや川西阪急さんにお声がけして頂けたことが誇らしいです。・・・が、

当たり前のことですが、出店するためには色々な準備が必要になってきます。

お商売でお仕事なんだからそれは仕方ないでしょ! ・・・そうなのですが、そのためのスタッフ一同の仕事はいつにもまして重くなります。いつもなら定時に入って定時に帰れるところをそうはならないし、朝の早くから夜の遅くまで待機しなければならない・・・。スタッフは主婦の方が多いため、家庭のことも同時に考えなければならず、時間のやりくりは並大抵のものではないでしょう。それもこれも、お店がもっと知られるようになり、日生中央の店舗にもっと沢山の方々に足を運んでいただけるための営業活動の役割をイベント出店は担っているからなのです。この時期休みが増えるのも、一人シェフで生産が追いつかないので、お店を休んでその間に下ごしらえや準備に追われているからで、スタッフはその間、楽に待機ということはなく、いつもと同じ仕事を一生懸命こなしているのです。

・・・でもそう云うことは他のお店だってやっていることで、うちのお店だけがひとり苦しい思いをしているわけではありません。イベント出店で管理人も会場のお店を一回り二回り、アチコチ見て回りますが、そう云う御苦労のあとを各店舗で拝見すると、どのお店も頑張ってほしいなァ(でもウチで買ってくださると嬉しいなぁ!・・・というのもホンネ)と、独りエールをこっそり送ったりします。

 

さて、4月の予定も出ました。頑張りますので、どうか頑張らせてください。

 

そして美味しかったよ!・・・とお声掛けいただければ、私たちスタッフも疲れが飛んでいく気がします。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2019年

3月

14日

春の新作お目見え!

春一番の新作出ました!
その名も! いちごのデニッシュ! ・・・まんまやん(←失礼な管理人)

当店自慢のクロワッサン生地に自然な淡緑色を活かした自家製ピスタチオカスタードクリーム。その上に真っ赤ないちご🍓をトッピング。
彩りもきれいでケーキみたいなオシャレなデニッシュ♡
春のお茶のお供にいかがですか!
税込¥324 (税別¥300)

誠に残念(ほんとまっことに残念)なことに、管理人はまだ頂いておりません。アララまだ食べてないのぉ?これ、出たらとても人気で、まとめ買いの方もおられるのよ、とお話だけは伺っておりますが、いっつも風の便りだけ伺って現物すら観たことがないなんて・・・いえいえこれは単なる愚痴です。

とにかく春らしいきれいなデニッシュ。どうぞお茶会のお供に、姉妹品洋梨のデニッシュと共に、喜ばれること確実です。

 

2019年

2月

26日

J'aime les croissants クロワッサンがお好き

ブランジュリー ラボンダンスによくお顔を見せてくださる奥様は、当店のクロワッサンが大のお気に入り。ご来店される折にはいろいろお買い求められるのですが、いちばんのご贔屓はやっぱりクロワッサン。そのたびに『ここのクロワッサンが一番好き』と、スタッフが喜ぶ嬉しいお言葉をいくつもプレゼントしてくださいます。

さて、ラボンダンスと同じビルの二階に「プーランク」という美味しい自家焙煎のコーヒー専門店がありますが、ここのオーナーのご厚意でラボンダンスのパンを持ち込んで食べることができます。
この奥様も今日は二階でクロワッサンをコーヒーと一緒に戴かれたのですが、その後にカップルがやはりクロワッサンを持ち込みでこられ、双方意気投合し、クロワッサン談義に花が咲き、大盛り上がりしたんですよ!と、珈琲店帰りに再来店してくださった奥様が楽しそうにスタッフにお話してくださいました。

コーヒーショップは楽しい語らいも飲み物が美味しくなる愉しみの一つ。その場所でクロワッサンを話題にしていただいてスタッフも一緒に喜んだことでした。

最近、クリームパンを味に厳しくなったお客様のためにさらにリッチな風味にしようとシェフは頑張っていますが、クロワッサンも変わらずザクザクと食べごたえがあり、しかもミルクの風味が柔らかく口の中に残り、そのうちにほろほろと何もかも溶けるようになくなってしまう、そう云う風合いを絶やさぬよう日々色々と工夫しています。


春めいてきました。パンも美味しくなってくる季節。どうぞ皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

 

 

2018年

11月

07日

パンフェスご来店ありがとうございます

10月31日〜11月6日の7日間、3度目のパンフェス(ラボンダンスにとっては)が開催されました。そしてラボンダンスのシェフやスタッフにとって怒涛の日々が始まりました。


シェフは毎朝2時にはスタンバイし、スタッフは6時頃には店内に集合、搬入、店内への積み込み、商品の陳列、補充。全部スタッフがこなします。そして晩の8時終了(最終日は5時)までずっと立ち詰め。もちろん、交代・休憩など挟みますが、それでもハードスケジュール。それでも笑顔を絶えさず、いかがですか〜ご試食なさいませんか〜と販売の間を縫って店頭や通り道に立ち、スタッフ3人で一週間乗り切ったのでした。疲れてるだろうなぁ。でもいつ行っても笑顔。プロだなぁ。そんなプロが会場中居るのでした。すごいなぁパンフェス!


でもなんと言っても励まされるのは常連さんや初めて来られるお客様の喜ぶ顔です。毎日のようにご来店くださって励ましてくださるお客様。これ美味しいのよぉ〜!食べなきゃ損よぉ〜!と、もはやサクラ状態のお客様。お店にもよく来られるのですが、パンフェスにも来られてウルトラ大人買いをしてくださるお客様。お目当てのパンをそっと一つ買って嬉しそうに帰られるお客様。本当にありがとうございました。


その日の仕事が終われば、使い終わったパンを運ぶ箱を店に戻し、一日の売り上げをまとめ、それから家族の待つ家へ。時間はいつの間にか夜の10時・・・。

 

今日は休業日。つかの間のお休みです。そしてまた明日からは一週間以上お待たせしてしまったお店においでくださる近隣の方々にまた喜んでいただけるよう、頑張らせていただきます。

どうぞ明日からもよろしくお願い申し上げます。

 

 

2018年

7月

07日

お詫びと感謝

この週後半の凄まじい雨・雨・雨。本当に今まで経験したことのない大雨でした。この雨の中、お店ではこの週末をどうしたものかとスタッフとシェフの間で相談していたのでした。

 

水曜日から降り出した雨はざんざ降りの連続。金曜日はこれまでにもまして凄まじい雨が降るだろう。そんな中、お店を開けてもずぶ濡れでお店にやってこなくてはならず、きっとお客様は敬遠なさるだろう。これまでも台風の時はお客様とスタッフの安全を考えて、お休みを頂いたこともありました。でも、土曜日はシェフののっぴきならぬ事情でお店はやむなく休まなければならない、続けて休むのはいくらなんでも申し訳無さすぎる・・・考えた末、やはり土曜日を休むのなら当然お客様のことを考えてお店は開けるべきだろう、という結論になり、金曜日はお店を平常通り開けることとなりました。

 

金曜日は予想通り凄まじい雨で吹き降りで、TVでも不要の外出は避けよと言っている・・・今日はどうしたものだろうなぁと不安いっぱいながらお店で用意してお客さまをお待ちいたしました。

 

カラン、とドアが開いて、びしょ濡れになったお客様が来られました。いつもおいでくださるお客様です。傘を差して一生懸命守っても足元はずくずくになってしまいます。そんな中なのに、来てくださったのです。

『土曜日お休みでしょう、そうしたら今日は開いてると思って』

そう仰っていつものパンを買って行かれました。

 

そして金曜日はそう云うお客様がたくさん来られたのです。

 

ほんとうに有難く思いました。

ああ、開けてよかった!

閉めなくてよかった!

 

来てくださったお客様にいつもお声がけする『ありがとうございました!』が心なしか、少し声が大きかったかもしれません。

 

お店を開けさせていただいてよかった!雨の激しく降り続いたその日は流石に少し早くはお店を閉めたのですが、それでも一日、お客様がおいで頂いて本当に感謝だったのでした。

 

 

土曜日、ご迷惑をおかけいたしましたが、日曜日から、また元気よく揃ってお店を開けさせていだきます。どうぞまた、今週も、ブランジュリー ラボンダンスのパンをよろしくお願いいたします。

 

 

 

2018年

6月

07日

お小遣いを握りしめて 中学生編

   イラストをクリックすると以前の記事に移動します
   イラストをクリックすると以前の記事に移動します

ずいぶん前のブログの記事に「お小遣いを握りしめて」というものがありました。パン屋の理想は子どもたちがお小遣いを握りしめて買いに来てくれるお店になりたい・・・そういうことなのですが実際には親御さんに連れられて、楽しそうに、これほしい!って買われていくことがほとんどです。でも、中学生となると違います。やっぱり仲間と連れ立って買いに来てくださることがあります。

 

その日の昼下がり、5人の男の子たちがお店に来られました。中学生ぐらいの私服の元気な子どもたちです。彼らはめいめいに二個ずつ好きなパンを買い、表のベンチに腰掛け、ぱくぱく食べていました。この年頃の男の子ってなんて食べっぷりがいいんでしょう。ぺろりと食べてしまうと、二、三人が代わる代わるお店にまた入ってきて、「パン、うまいっす!」とスタッフを喜ばせてくれるばかりか、お代わり(もちろんタダではない)クロワッサンを、また外でぱくぱく。

 

ところが彼らが買った後にクロワッサンの焼き立てが出てきてしまった・・・スタッフとしてはちょっと今出すのはついぞさっき買ってくれた彼らになんとも申し訳ない気がして、・・・いいや、すぐ食べちゃって出掛けちゃうだろうなぁと思ってたら、思いの外彼らはゆっくりしているようで、仕方なくしばらくしてから新しいのを出しました。すると、それをまた皆で5つ買ってくれて皆でぱくぱく。なんと気持ちのいい食べっぷり!・・・でも資本大丈夫なのかなぁ。クロワッサンだけでみんなで10個は食べてるよ〜。大丈夫?「美味しいからいいっす!」ってホント嬉しい事言ってくれるんだけど・・・なんかいいことあったのかなぁ・・・でも皆楽しそうにゆっくりワイワイ、気持ちのいい学生さんたちでした!

 

この年頃の子供達って大人のような変な忖度しないから、ここがどこかですっごく評価されたかとか、これこれの雑誌に載ってたからとかで、盲目的に美味しいなんて言わない。だからそれがとても怖いです。だから、こうやって来てくれて美味しい!って言ってくれることがお店の勲章なのですね。そしてお小遣いで買って食べてくれることが何より嬉しいです。色んな人に愛され、親しまれるパン屋さんになりたい、それがこの小さなお店の願いです。

 

今日買ってくださったパンは美味しかったですか。喜んでいただけましたか?
皆さんに喜んで召し上がって頂けることがシェフとスタッフ全員の喜びです。

 

 

 

 

 

2018年

5月

13日

ネコまっしぐら(笑)

仕事の帰りがけによくブランジュリー ラボンダンスの食パンをお求めになるお客さまと、スタッフはお話しさせていただくことがあります。
その方はパンが大好きで食パンをあちこちで買ったけれど、ココのパンが一番なのよ、と仰ってくださいます。パンフェアで皆さんに沢山お店をお休みにして不義理をして申し訳なく思っていますと申し上げますと、「そんなこと心配しないで!皆ココが大好きだから大丈夫よ!」と、ありがたいお言葉をかけて下さいます。「自信持って!ココのお店、絶対美味しいんだから!」
・・・有難くて涙が出ます。

 

本当は催事でお休みを頂いて出店するよりもこのお店で営業するほうが、スタッフにとっては一番ラクなのですが、そうは言ってもいろんな方に、このお店を知って頂きたいので、色んな所からお声をかけていただければ、そちらもやはり有り難いこと。喜んで催事に出させて頂くのですが・・・。

 

閑話休題。手前味噌になってしまいますが、ラボンダンスにもコア( 「熱心な・徹底した」の)なファンが少なからず居られます。宝塚、豊中、そして京都からも、ここのお店のこのパンが大好きで・・・と、お客さんが来てくださいます。例えば、お子さんがラボンダンスの食パンしか食べないのよ、と仰るお母様、とか、うちのお母さんはここの角食しか食べないの・・・と仰る奥さま、本当にうれしいです。でもこの間お越しになったお客さまのお話にはスタッフも驚いてしまいました。

お店の終わりがけにクロワッサンとアンチョビクロワッサンをお求めになったお客さまが、レジでお会計をされる時に、「このクロワッサン、うちの猫も食べるのよ」と仰るのです。(食パンを食べるネコを管理人は知っておりますが、クロワッサンは初めて聞きました。)「うちのコはほかのお店のクロワッサンも食べるのだけど、『ふーん、くれるの?それじゃもらってあげてもいいわ』という雰囲気なのに、ここのクロワッサンは、見るなり駆け寄って来て『早く分けて〜!ねぇねぇっ』とねだるのだそうです。まさにネコまっしぐら(笑)

シェフにこの話をすると、「動物と子どもはお世辞つかないからねぇ。ハードル高いよ。彼らに認められるなんて嬉しいことだねぇ」


ネコにも認められたクロワッサン!😅

 

ううむ・・・多分すごく喜んでいいんだろうなぁ・・・と、管理人は少し悩んでおりますが、かけがえがないと思って下さるお気持ちには心から嬉しいと思ってしまうのです。ここのパンが一番、そう思ってくださるお客さまに、今日も同じように思って頂けるように、喜んで頂けるようにと、ブランジュリー ラボンダンスのスタッフ一同、今日も頑張らせていただきたいと願っております。

 

 

 

 

 

2018年

4月

28日

川西阪急パンフェス'18・その後

お客さまへ
催事の期間中、本当にご無沙汰していて申し訳ありませんでした。川西阪急のパンフェス、無事に終了させて頂き、ありがとうございます。期間中たくさんの応援を戴き、懐かしいお客さまのお顔に励まされました。でも、ここ日生中央のお店に戻ってきて、やっと平常心に戻った感じです。
お店が開くのを待っていたのよ!と、ありがたくも申し訳ない言葉をかけて頂き、本当にスタッフ一同お客さまに頭の下がる思いです。
前にもまして、川西阪急でお店のことを知って頂いたお客様が沢山ご来店下さいました。朝11時に焼きあがる角型食パンは店頭に出た途端早々と売り切れてしまい、ほかのパンたちも入れ代わり立ち代わり消えていきます。この二、三日、お店は連日完売に近い状態が続き、シェフもスタッフも嬉しい驚きです。

 

これまでにもまして、シェフは一つ一つ心を込めて捏ね、手間ひまをかけて少しでも美味しいパンを召し上がって頂けるように、スタッフも気持ちよくお買い物がして頂けるように一層励みたいと願っています。これからも、更に、みなさまに愛されるお店を目指して頑張らせていただきます。


なお、GWの期間中は前半と後半の間の5月1日(火)と2日(水)にお休みをいただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

お店の中や周辺のこと、新作の紹介など

 

不定期にて更新させて頂いております。
 
過去のブログは『ブログ・アーカイブス』にて、
または一番下に在る【サイトマップ】から
 去年以降の記事がご覧になれます。
 
どうぞお入りください。

 

   写真や絵を
  クリックすると
  移動または拡大
   いたします

 

8月のお休み
8月のお休み
 パンの地方発送承ります
 パンの地方発送承ります
ラボンダンスのパンメニュー2020版
ラボンダンスのパンメニュー.jpg
JPEGファイル 2.6 MB
オーガニック飲料のご案内
オーガニック飲料のご案内

ラボンダンスの フェイスブック 絶賛公開中 (^^;   

 

ラボンダンス通信更新準備中です
のんびりブログ
のんびりブログ
ブログ更新準備中です
管理人の小部屋
管理人の小部屋