2018年

5月

13日

ネコまっしぐら(笑)

仕事の帰りがけによくブランジュリー ラボンダンスの食パンをお求めになるお客さまと、スタッフはお話しさせていただくことがあります。
その方はパンが大好きで食パンをあちこちで買ったけれど、ココのパンが一番なのよ、と仰ってくださいます。パンフェアで皆さんに沢山お店をお休みにして不義理をして申し訳なく思っていますと申し上げますと、「そんなこと心配しないで!皆ココが大好きだから大丈夫よ!」と、ありがたいお言葉をかけて下さいます。「自信持って!ココのお店、絶対美味しいんだから!」
・・・有難くて涙が出ます。

 

本当は催事でお休みを頂いて出店するよりもこのお店で営業するほうが、スタッフにとっては一番ラクなのですが、そうは言ってもいろんな方に、このお店を知って頂きたいので、色んな所からお声をかけていただければ、そちらもやはり有り難いこと。喜んで催事に出させて頂くのですが・・・。

 

閑話休題。手前味噌になってしまいますが、ラボンダンスにもコア( 「熱心な・徹底した」の)なファンが少なからず居られます。宝塚、豊中、そして京都からも、ここのお店のこのパンが大好きで・・・と、お客さんが来てくださいます。例えば、お子さんがラボンダンスの食パンしか食べないのよ、と仰るお母様、とか、うちのお母さんはここの角食しか食べないの・・・と仰る奥さま、本当にうれしいです。でもこの間お越しになったお客さまのお話にはスタッフも驚いてしまいました。

お店の終わりがけにクロワッサンとアンチョビクロワッサンをお求めになったお客さまが、レジでお会計をされる時に、「このクロワッサン、うちの猫も食べるのよ」と仰るのです。(食パンを食べるネコを管理人は知っておりますが、クロワッサンは初めて聞きました。)「うちのコはほかのお店のクロワッサンも食べるのだけど、『ふーん、くれるの?それじゃもらってあげてもいいわ』という雰囲気なのに、ここのクロワッサンは、見るなり駆け寄って来て『早く分けて〜!ねぇねぇっ』とねだるのだそうです。まさにネコまっしぐら(笑)

シェフにこの話をすると、「動物と子どもはお世辞つかないからねぇ。ハードル高いよ。彼らに認められるなんて嬉しいことだねぇ」


ネコにも認められたクロワッサン!😅

 

ううむ・・・多分すごく喜んでいいんだろうなぁ・・・と、管理人は少し悩んでおりますが、かけがえがないと思って下さるお気持ちには心から嬉しいと思ってしまうのです。ここのパンが一番、そう思ってくださるお客さまに、今日も同じように思って頂けるように、喜んで頂けるようにと、ブランジュリー ラボンダンスのスタッフ一同、今日も頑張らせていただきたいと願っております。

 

 

 

 

 

2018年

4月

28日

川西阪急パンフェス'18・その後

お客さまへ
催事の期間中、本当にご無沙汰していて申し訳ありませんでした。川西阪急のパンフェス、無事に終了させて頂き、ありがとうございます。期間中たくさんの応援を戴き、懐かしいお客さまのお顔に励まされました。でも、ここ日生中央のお店に戻ってきて、やっと平常心に戻った感じです。
お店が開くのを待っていたのよ!と、ありがたくも申し訳ない言葉をかけて頂き、本当にスタッフ一同お客さまに頭の下がる思いです。
前にもまして、川西阪急でお店のことを知って頂いたお客様が沢山ご来店下さいました。朝11時に焼きあがる角型食パンは店頭に出た途端早々と売り切れてしまい、ほかのパンたちも入れ代わり立ち代わり消えていきます。この二、三日、お店は連日完売に近い状態が続き、シェフもスタッフも嬉しい驚きです。

 

これまでにもまして、シェフは一つ一つ心を込めて捏ね、手間ひまをかけて少しでも美味しいパンを召し上がって頂けるように、スタッフも気持ちよくお買い物がして頂けるように一層励みたいと願っています。これからも、更に、みなさまに愛されるお店を目指して頑張らせていただきます。


なお、GWの期間中は前半と後半の間の5月1日(火)と2日(水)にお休みをいただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

2018年

4月

25日

パンフェスご来場ありがとうございました

続きを読む

2018年

4月

01日

二律背反

ラボンダンスの最大のウリのひとつはどのパンも一つ一つ手間ひまをかけて丁寧に作る、というところなのですが、それはひとえにひとりシェフの手に委ねられています。
逆に言うと、それだけ作る量が限られれてしまうということなのですね。

 

沢山のパンを作るためにはそのために元になるものをストックしておかなくてはならない。一旦発酵させ焼く準備を始めると当たり前ですが準備している数が減ります。普段の営業なら何の支障もないものが、いざ催しで大量に必要!となると、もうお店を閉めて中で必死で準備しなくてはならないのです。


なんだかこの頃ラボンダンスおやすみ多いなぁ〜
(`ε´)サボってんじゃないの〜?とお願いだから思わないで下さい(¯―¯٥)

厨房の中ではシェフやスタッフが普段よりシャカリキで作業しているのです。特にシェフはこの間のごこちマルシェの折には朝2時ぐらいには厨房に立っていました。それでもお店はお休みにしなければならなかったのです。1日の量を全部使い切ってお店で昼にお出しするものが何もなくなるからです。

 

それじゃパン制作スタッフを増やせばいいでしょう?

はいその通りですが、今のクォリティを落とさず出来るかというとなかなかどうして・・・どこのお店でもそうですが、マスターシェフとその他の方の作ったものってビミョーに味とか雰囲気変わっていくのですね。それでも近似値なら良いのですが、そこまでになっていただくのに若干時間がかかる・・・。

 

今は過渡期できっとこれから変わっていくのかもしれません。けれど、今はそういう、開店してたくさん来て頂きたいが、たくさん作れないので品薄になる、品薄を避けるために準備するのでやむを得ずお店を閉める、という悩ましい二律背反(AもBも正反対でしかも理由の在る場合、そのどちらにも引っ張られて辛くなるさま)が続いています。

 

ほんとうにお店に来られるお客さまにはご不便をおかけいたして申し訳ございません。どうかご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

以上、臨時休業が多いことへの管理人の私的な言い訳でございます。

 

 

2018年

3月

23日

さくらはらはら

続きを読む
   写真や絵を
  クリックすると
  移動または拡大
   いたします

 

 パンの地方発送承ります
 パンの地方発送承ります
ラボンダンスのパンメニュー2018版
カタログ
ラボンダンスのパンメニュー2018版.png
PNGファイル 6.1 MB
オーガニック飲料のご案内
オーガニック飲料のご案内

ラボンダンスの フェイスブック 絶賛公開中 (^^;   

 

ラボンダンス通信更新いたしました。
のんびりブログ
のんびりブログ
ブログ更新いたしました